mii’s LIFE

飽くなき萌えの探求者によるアニメ・ゲーム中心の雑記
WiiのMiiとはいっさい関係ないのですよ(´・ω・`;)

Category [+ゲーム ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.hack//The Movie セカイの向こうに 感想

あけましておめでとうございます(爆
どうもみいです。

え~今年度、初の更新です。
皆様今年もよろしくお願いしますm(__)m
ダンガンロンパの記事を書いていたんですけど、意外に書き終わらず気が付いたら試験期間に突入(ノ∀`)
しかし、今日は順序を変えて、つい先ほど見てきた劇場版.hack//について書こうと思います。

知ってのとおり最近までは非難轟々。でしたが、実は本筋に関わりアウラも出てくるということで見に行くことに。
「1900円も払ったし、交通費入れたらもっとなんだからダメだったら絶対に許さない!」と思いつつ見たんだけど、
まあ払った価値はあったかと。
でも公開して1週間、土曜に昼間の池袋なのに座席は半分以上空いているって大丈夫なのかこれ。製作費回収できるんだろうか。
某スクエニみたいなことにならないよう願っておこうw
内容は王道と言った感じだけど、おもしろいっちゃおもしろい。
だけど結局のところこの作品はファン向けかな。
初見にもわかりやすいように噛み砕いたから初めて見ても楽しめるかもだけど、知識ゼロの人から見たらアウラの存在なんて???そのものだし。
意外に、初見で絶賛してる人も多いようだけどね。
きっと私たちファンはthe worldを中心に見てしまうけど、初見の人は主人公に感情移入しつつ見てるだろうからその違いがあるのかな。

舞台は2024年の年末、福岡県。
Linkからは4年、G.U.からは7年、無印からは実に14年。・・・恐ろしい。
The Worldもfragment→The World→The World R:2→The World R:XからのTHE WORLD FORCE:ERAへと様変わり。

主人公はじいちゃんがハイテクに厳しく、THE WORLDを気にしてはいるけど頑固に拒んじゃう女子中学生。
周りはみんなプレイをしていて疎外感を感じる日々。
だけど、実はじいちゃんはすでにTHE WORLDにはまっていたというw
そんなこんなでTHE WORLDを始めることに・・・。
みたいな。


CMの叫び声で危惧していた演技もまあ及第点かな。
あのシーンが特別悪かったw

ここからはネタバレタイム








THE WORLDに初めてログインした主人公そらは、路地裏で女神アウラと遭遇。
その際アウラからボックス型のデータを渡されます。
今作では主人公そらに自分の分身を渡し、それを通じて主人公と精神を同調させて急成長を図ることに。
主人公は外見カイトなのに名前はそらとか紛らわしいw

そらを選んだ理由はシナプス波が一緒だったらしいんでそれが原因?元から一緒だったのか、アウラが合わせたのかは分からないけど。
もしくはシナプス波が一緒なそらを見つけ出したアウラが、まことさんを介してカイトのキャラメイクをさせてたりしてね。(キャラメイクはそらが持つナビゲーターの『まことさん』が担当
ちなみにリアル系の見た目だから一概には言えないけど、今までのアウラよりも見た目が成長してる印象、20歳前後かな。
浮かばずにちゃんと足で歩いてた。でも一言も喋らない(´・ω・`)
この世界だとアウラは一部のコアなファンが信じる都市伝説に。
一応初代カイトの話もちょろっと出てきたね~

CC社はどうやらアウラの劣化コピーを元にセキュリティシステムを作った模様。
ホントこの会社は・・・

あと、この種は主人公はレベル10になったときに少し成長し、ウイルスバグに襲われたときにもう一段階成長するんだけど、そのときにあのハ長調ラ音が流れるんだよね~。
鳥肌たった。


THE WORLDにログインするまでが長くて、ちょっとやきもきしたりもしたけどその分ログインしたときの感慨っぷりがよかった。
マク・アヌに降り立った瞬間、三谷さんがコーラスのBGMが始まるんだよ、卑怯だw
マク・アヌはちょっと記憶があいまいだけど多分カオスゲート周辺の作りはG.U.と同じかな。ゾクゾクしたよ。
あとログアウトするときの音も一緒だったね。


バルムンク&オルカと同じPCであるバルドル&ゴンドーも出てきますが、声優は檜山さんと増谷さんが勤めています。最初びっくりしたよ
ちなみに狙ってるのか狙ってないのか知らないけど(多分狙ってそう)、オルカPCのゴンドーは未帰還者にwww

今回の未帰還者の原因はAIDAのときと同じくウイルスバグ。
だけど、自然発生ではなくCC社がウイルス対策ソフトを売るために、作り出したウイルス。
それが想定外の進化を果たし最終的には電気信号を介して人間の脳にまで侵入を果たしたという。
作中でも言われてたけど、見事なマッチポンプです。いい加減にしろとww
ログアウトできなかったり、火災を起こしたり、未帰還者を出したりと何回も不祥事起こしつつ世界規模のオンラインゲーム維持するってこの会社、裏とつながりすぎでしょw
最終的に家宅捜査が入ることになったけど、結局お咎めなしなんだろうな~

それとAIDAとタイプが全く一緒だけど、まさかAIDAのサンプルを元に作り出した~、なんてことはないよね?

その上、CC社は事件が発覚するとTHE WORLDのサーバーを停止させたうえ閉鎖しようとまで。
どうなっとるねん、この会社は。
サーバー停止前にNABの一員であるデビットと接触したそらは、自分の中で成長したアウラの種をアウラに渡せば未帰還者を助けられると知り協力することに。
じいちゃんやクラスメイトも協力してくれます。
そうじゃないかと思ってたけどじいちゃんにPCはかっこいい。ジャック・スパロウがモデルになってそう。
アウラはいるとされる孤島の女神像まで向かう一向だったけど、それより先にウイルスがマク・アヌに襲い掛かってきます。
飛行艇がやたら出てくるけどFORCE:ERAは飛行艇が発達しているという設定なんだってね。
ていうか今知ったんだけど、http://www.famitsu.com/news/201201/18008112.html
この飛行艇カナードのなのかwwwwwしかもデザインどう見てもハセヲwwwww
あんな小規模だったギルドがここまで大きくなるとは・・・・。
しかも月の樹はまだいいとして、TaNは今でも存在してたとはね。

途中でいろんなプレイヤーに協力を依頼するシーンがあるんだけどその中に「昴」の名前もあったんだよね。
あ、ちなみに出てきたプレイヤーの年齢的にSIGNの昴ではないだろうけど、もしかしたらキャラの顔は一緒だったかも。

いろんな人の助力もあり、もう少しでたどり着く!てところでウイルスにつかまってしまうんだけど抵抗するうちに紋様が浮かび上がり、片手と片足を失いつつもどうにかアウラの元へとたどり着くそら。だけどアウラはそらに気づかない。
この浮かび上がった紋様は多分初代のカイトと同じだと思う。
ここだとアウラは前と同じ少女の姿です。
身動き取れないと言われていたしウイルスに抑え込まれていたのかな。

ウイルスが迫るなか、そらは「みんなとつながっていたい!!」と叫びます。
するとアウラが目の前に。
そらからデータを受け取ったアウラは成長。
で、光に包まれながらハ長調ラ音の音とともにTHE WORLDはアウラの出した光に包まれウイルスは浄化。
解☆決
はしたものの、究極AIアウラの行く末が心配だな~。

ありゃ、一応主人公たちの青春もテーマになってるんだけど全然触れてなかった。
ん~しゃあないw

BGMを務めるのはおなじみ福田さん。そして挿入歌とBGMのコーラスを務めるのは三谷さん。
劇場の中でこの2人の音楽を聞けただけで金払った意味が半分あるかもしれない。
やっぱり三谷さんの歌声いいわ~。

あとちょっと愚痴らせて。
隣りに座ってるのが.hackなんか全然知らなそうなカップルで、嫌な予感がしてたんだけど女のほうが途中で携帯いじりだしたときには常識を疑ったね。
何だこの非常識クズ女は、とキレそうだった。
・・・ふぅ。

全体的によかったと思う。まあ期待度がアレだったから余計にそう思えるのかなw
ただ、THE WORLDの描写はもっと多くても良かったんじゃないかと。あくまでファン向けだというのなら。そこが残念。

ゲームはどうなるのかな。ハセヲが出てくるようだけど三崎亮だといいな。ていうかそうじゃないと困る。
でもなんでリアル路線なんか走ったんだろ。貞元絵をもっと大切にしてほしいね。

さて、久々にLinkを起動させようかな。
スポンサーサイト

TOX 感想 Vol.2

今期アニメがなかなか豊作、どうもみいです。
特にFate/ZEROは楽しみすぎてやばい。
黒歴史と名高いけど、アニメ版SNも見てるおかげで結構すんなり入れる。
ufoさんマジぱねえっす。
で、キャラ萌えなしに普通に見れるだろうと思ってたのにウェイバーが伏兵だったwww
かわいすぎる(*´Д`)
今期はZEROと化物語をBDに焼くことになると思う。


TOXはとりあえず1周目が終わって2周目でやり込み中~、ほとんどのサブイベも終わってあとは裏ダンと宝珠イベを残すのみ
総評しちゃうと、テイルズ入門者用なのかもしれない。
戦闘はサクサクだけど難しくないし、やり込み要素もちょっと少なめかな。
このゲーム下手の私がアンノウンでガンガンプレイしてるってのがその証拠ww
トロフィーコンプはかなり楽だと思う。
もちろんおもしろいけど!





以下ネタバレあり









けっきょくミラはマクスウェルではなく、アルクノアをおびきよせるために作られたデコイ。
でも、いったん死ぬまでは人間だったのかな?そうすると出生とかはどうなるんだろう。

ミラ編はサブみたいな扱いだったね~。
1回死んでニ・アケニアとかさまよって本物のマクスウェルのところに行ったらジュードたちが戦ってびっくりしたwww
しかも、その間にアルヴィン暗殺未遂とかイバル、アグリア、プレザとも戦ってたらしくて本当にびっくりしたよ

ラスダンも短くて、「え?ここでラストバトル?」とかびっくりした。
ホントサクサクいったな~

おもしろいかったけど、やっぱりボリューブ不足感がする。
ていうか定番の水着イベとかなかったしね~。

2周目はジュード編。
ジュードは歴代主人公の中でも最強クラスだと思う。
集中回避はやばいwwww
アンノウンでプレイしてるけど、雑魚戦ではレイアとの封舞活震劇が相当強いwww
これとタイダルとネガティブゲイト組ませれば多分いつまでもコンボできるはず。

おかげでパーティはジュード、レイア、エリーゼ固定。
敵に合わせてもう1人を変えていく、みたいな形に。

サブイベもいろいろと消化~。
しかし、「いや、これ本編でやろうよ」と思うのが多々。
ジュードが実はリーゼ・マクシア人とエレンピオス人とのハーフとか、レイアの怪我の理由とか、
アルヴィンの母親死亡の真実とか過去とか、エリーゼの過去とか。

それと、ちょっと気になってしまったのがVSアルヴィンの後に、撃たれたレイア放置してアルヴィンと口論するヒマあるのだろうか・・・。
アルヴィンはクズだったね~、今までテイルズの裏切りと言えば他人が人質にされてたりとか、どうしようもなくみたいなパターンなのに思いっきり自分のためだったからねww
気持ちはわからなくないけど最終的に暗殺未遂引き起こすし。

エリーゼのレベルがものすごい勢いで上がるので「?」と思ってたらヒーラーサプライつけたのすっかり忘れてた。
周りが80後半あたりなのに1人だけカンストしちゃったからね。
エリーゼはティポオンで関連スキルつけると詠唱スピードが半端ない。
あとリヴァイブの使い勝手のよさ。
可愛いし回復役だしで、1人だけ戦闘参加率が100%だったりするw


あ、ちなみにキャラみんないろいろアタッチメントつけてます。
こんな感じ~

ジュード



ミラ

ミラ

エリーゼ

エリーゼ


レイア

アルヴィン

ローエン

エリーゼはもう耳なしに違和感覚えるレベルになってしまったwww
アルヴィンが妙に似合っててむかつくんだよねww

なんだか否定的な意見が多くなってしまったような気もするけど、基本的にはおもしろい。
ただ、もうちょっと物足りないて感じなんだよね~。期待してた分余計に。
完全版とかなきゃいいけど、あるんだろうかなぁ。

ま、「テイルズを始めたい!!」て人はこれがおすすめだね!!
私はやっぱりグレイセスが好きだw

TOX 感想 Vol.1

最近フィギュア購買欲が止まらない・・・。どうもみいです。
ていうか、次から次に欲しいフィギュアが出るのがいけないんだヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
まさかのエクセレントモデルのハトプリ勢再販で焦ってます。マリンが欲しい・・・。


え~っと、ヴェスペリアが気が付けばラスボス前まで行ってしまったので(タイダル祭りしてるからもうちょいかかる
エクシリアはさっさと感想始めておこうと思います!!


まずは基本システムから。これはヴェスペリア系統。
スキルによる技能の修得とか、料理システムとか、エンカウントリンクとか。
スキルを習得するためのリリアルオーブはリメDのソーディアンデバイスシステムに近いかな?

戦闘はひらたく言っちゃえばTPシステム+CCシステム
今作ではTP+ACがあって、ACの数字が0にならない限りはいくらでも攻撃可能。
TPは別に存在してるので、CCシステムみたく技によって消費が変わるわけではなく1つの攻撃でカウント1つ消費。
ということで、通常攻撃3回→特技→奥義みたいな連携は関係なしにいくらでも好きな行動ができます。

とは言っても、今のところ戦闘に関しちゃGfのほうが私の中では上。
まああれはやりこみすぎて戦闘を完璧に自分の物にしてるからかもしれないけど。
まだまだ序盤なんで終盤にかけては変わるかも。

仲間を1人自分とリンクさせることで連携技出せたり、キャラ固有の能力が使用可能。
タイマンになったらフルボッコ可能www

店の品ぞろえは全ての街で共通。
敵から回収や落ちている素材を納品することによって新しく商品が増えたり割引が適用されたり。

グラはGfよりは格段に進化。
とはいえFFあたりと比べたら劣るだろうけど。FFはそこらへんも売りの1つだから仕方ないけど。

ロードは一瞬。超早いんで快適そのもの。
今作は今まであったふきだしがなくてそのまま下部に字幕表示。これだけで印象がガラリと変わるね。

それとAやVのようなフィールドは無しなG方式で物語は進んでいくみたい。
あと今までと違い移動艇なしにワールドマップから直接移動(制限なしなときに)ができる。

とまあ基本システムはここまででシナリオへ。
ちなみに最初はミラを選びました!




ということで以下ネタバレ注意!!!




ディスク入れるとデータインストールが入り、終わるとOPやタイトルなしにそのままムービーへ。

研究所でチュートリアル戦闘入るけど、精霊の力が強すぎるので某大佐みたく弱体化しそうな予感がビンビンとww
あとミラさんの天然疑惑が浮上。

入ってた先には真綾演じるキチアグリアとジュードが。これはジュード編でいきさつが明らかに?
ということで初のボス戦闘はアグリアに。とはいえ精霊が強すぎてすぐ終了してしまった、真綾(´・ω・`)
真綾はいつかヒロイン来ると思っていたんだけどな・・・

進んでった先の装置で案の定精霊の力没収されました。

水の中へ落ちるミラを助けるために飛び込む。
のを見ているアルヴィン。最初から胡散臭さ全開です、本当に(ry
いやまあ、フラグ立てまくって結局生存した某王子もいるから一概には言えないかな?
確かここでOPだったかな。
マジクオリティ高いです。IGとはいったいなんだったのか・・・。
グレイセスの件に関しては許さない、絶対にだ。

ミラは精霊の力を失って剣さえもうまく扱えない。ここの使えなさっぷりは焦ったわ。
街からの脱出を図るミラだけどジュードともどもS級犯罪者として指名手配。
巻き込まれ主人公型としては相当不憫なほうだなジュード(´;ω;`)
ミラさんは呆然とするジュードに「世話になった」と声をかけ1人船に乗り込んじゃう。
ジュードの絶対絶命のピンチを救ったのはアルヴィン。
だから胡散臭さ(ry

脱出先の港町で傭兵であるアルヴィンを雇って仲間に。
そしてミラもマシな戦闘が可能に。

今回のサブイベは「!」マークが頭上についてる人に話しかけることによって進行。
報酬はアタッチメントがつくのかな?そうなるともらえるアタッチメントは多そう。
序盤にしてバウル人形やうさみみもゲットできたし。ってこれはアイフリードの宝だ。
今作のアイフリードはすさまじい趣味だねwww
てか浜あゆのCD買わなくても通常衣装+うさみみで充分じゃないか?

途中の道で幹部の1人。ブレザ登場。
言ってるセリフと言い行動といいCEROのレベルを1段階上げる気まんまんです彼女。
アルヴィンとも面識あるようで、胡散臭(ry

ミラの村に行くけどやっぱり精霊は召喚できず。
イル・ファンの戻る道中でエリーゼたんが仲間に。
今のところ全く素性がわからないけど後々明らかになるのかな?

イル・ファンには入れず別の街を経由することに。
その道中でエリーゼを追って関羽ジャオが登場。
どう見ても誘拐犯です、ほ(ry
けっきょく戦闘に。これは敵が魔物召喚するからなかなかウザかったわ。

とまあ今はこれが終わって次の街に入る寸前です。
今のところ非常に楽しくプレイしてます!戦闘もおもしろいよ実際に。
でも振動オンにしても全然ブルってくれないからたまに気づくとHPがえらいことに(;・∀・)

あっ、ちなみに今回はバンナムに貢ぐつもりはないです。
Gはそれ自体が好きだったのとソフィがあまりにもツボすぎたのが原因w

ここからも期待!

ニーアレプリカント vol.2

.hack//の映画化に全く期待ができない。どうもみいです。
最初はね、「え!?映画化!?」とかって感じだったんだけど、詳細とか実際のCG見たら唖然茫然。
声優じゃなくて俳優起用してるし。殿は好きだけど、これに関してはない。
元からアニメとゲームをリンクさせてる作品だけど、比重が逆転してるじゃない。
あくまでゲームメインにしろと。G.U.が本当に好きだから、失望感がすごい。



よく考えてみたら、ニーアの記事は1周目の途中で、実際にはBエンドまで終わってるから記事にできたや(ノ∀`)



ということで、以下ネタバレ注意!!





カイネ編の内容知ってると1周目が書きにくいな~。



・魔王の城
心配ながら送ってくれたデポル&ポポルが何故か敵側に。
そして、2回目の遭遇で明かされたのはニーア達はレプリカで本当の人間は現在のマモノだった。

もうね、こう来たか・・・!!!
て感じ。
今まで私が「うぜえ」と思いながら倒してた敵の正体が実は人間。
そこでやっとプロローグの謎や魔王の正体が理解できた。

魔王の元に行くとそこにはヨナが。
最終決戦の後にシロとの別れ。
そして本来のヨナは消え、ニーアの知るヨナがニーアの元に戻り終了。

カイネ編知ってると本当に書きづらいww

~カイネ編~
まずはカイネの過去が明らかに。とはいっても、迫害うけてる理由は「マモノ憑き」だからだと最初思ってたけど
それ以前から受けてるみたいだし、何なんだろう?

カイネにやさしく接してくれたおばあちゃんは最後はマモノの餌食に・・・。
このマモノがあの村で戦ったマモノなんだね。

ちょうどそのときに現れた「デュラン」がカイネに憑くことに。
で、これによってマモノの声がわかるようになったけど・・・。

・石の神殿
初めに戦ったマモノは「ヘンゼル」&「グレーテル」という兄弟だった模様。
そして兄弟を失い塞ぎ込んでたところに現れた、マモノとの交流。
現れるニーア達。
1周目とは全く別の視点でプレイすることによって、ものすごく戦いづらくなった。
仲間を守るために必死で戦おうとする「グレーテル」にとどめをさせというのか・・・。
カイネがたまに誰に言ってるのかわからないセリフはこういうことだったのかと把握。


・ロボット山
初めに母親が子どもを守るための囮となり、一人となった「クレオ」の元に現れたのは、ロボット山を守護するロボット。
つうか、1周目でもうすうす感じてたけど、兄が死んだのは完全弟の不注意じゃないか!!!
クレオにまで同情されてるし・・・。
とは言え、友達から弟が義手である裏設定聞いたんで何とも・・。

「すでに鉄塊手に入れてるけどどうなるのかな~」と思ったらまさかのシロによるメタ発言www

ちょくちょくピーちゃんとマモノの交流を入れてるのが憎い!!
「一緒に世界を回ろう!」なんて言ってるのを倒さなければならないのかと・・・orz

でもまあ倒しますよ、しゃーない。
ドン引きな弟のシーンだけどデュランだけめちゃくちゃ楽しそう。

・崖の村
ここではゲシュタルトしてた人間と元の器を融合させたって解釈でいいのかな?
で、ボスは集合体ってことでおk?

・砂漠の街
知的で人間との共存を前提に考えていた狼のボスだけど、結婚式のために殺された仲間の姿を見て復讐を誓うと。
ボスの「我らが何をしたというのだ」のセリフが重い・・・。

この狼は元はおじいちゃんに飼われていた犬だけど、おじいちゃんが自分の代わりにゲシュタルトさせたってことかな。
最後の「おじいちゃん・・・」のセリフに私の心は折れそうだった・・・。

・魔王の城
一周目では謎だった暗号はつまり、「ゲシュタルト計画」のことを指してたのね。
カイネが開けた扉の先にあったのはゲシュタルト化した赤ちゃん・・・。
もうやめてえええええええええええええええええええええええええええええええええ
「やめてください!お願いします!」ていう親の言葉をはねのけ倒すとかもうね、公式は鬼ですかプレイヤーに対して。

ヨナの前にしてしゃべっていた魔王の言葉も明らかに・・・。
1番最初にヨナを守るため命がけで鉄パイプ片手に戦っていたニーアを知ってるだけに辛い・・。
ラストのヨナの「ずっと一緒にいてくれてありがとう」でむなしくなってしまった・・・。

舞台は移り砂漠に。空から何か降ってくると思ったら
1周目で死んでしまったと思ったエミールでしたが生きてた(゚∀゚)!!
良かった・・・。
あと、砂漠の街での花嫁関連の話の真相わかった。
エミールはかわいいからみんな許せる。

このゲーム2周目からが本番でしたね。
完全なる敵と認識して倒してたマモノの裏側や思いを知ることによりプレイヤーへの精神アタックが効くw

Cエンドも見たいけど解放条件が「武器コンプ」と聞いて心が折れたので、ちょっとプレイできてない(´・ω・`)
まあ難しくないらしいんでがんばろうと思う!

あとニーアはDoDの通称「新宿エンド」の続編?と教えられ、詳細も教えてもらったけどすさまじい鬱ゲーですね。
A~Dエンドの鬱っぷりの後に、音ゲーやらされ希望に満ちたエンドを期待したあげくが東京タワーって・・・。
実況でもなんでもいいから見てみようかな~

Steins;Gate 感想

神よ、私は舞い戻ってきた!!どうもみいです。
オカリンのおかげで口調が厨二病になりそうで心配w
モデムの故障の件ですが意外に早く解決して感無量。まあその間にまさかのPSS再開とかとんでもないのがあったけど(ノ∀`)

シュタゲをね、1回記事にしようと思ってた矢先のことだったので記事にできず、ものの見事に終わっちゃったよw
シュタゲは相当昔におすすめされたゲームであったけど、ハードは箱〇。
なので延々とPSP移植を心待ちにしてましたw途中でWindows移植もあったけれど、当時はオンボロPCだったので見送り(´Д⊂ヽ
ネタバレも一切回避していたために、声優はおろかキャラもわからず、いったいどんな内容かも知らない始末w
でもなぜか心躍らされてました。これがシュタインズ・ゲートの選択だったか。
そんなこんな約1年半、ついにやってきたPSP移植。勝利のときは来た!!


そんな私の期待を一心不乱にうけたシュタゲでしたが、もう大満足!!!




ということで以下ネタバレ注意!







さてね、まずどんな内容かもわからなかったけれど『ドクター中鉢のタイムマシン理論発表会』でどういった類のものか大体把握w
しかし、いきなりヒロインが死亡。
そして聞こえる男の声。と言いつつダメ絶対音感が働いたために宮野の声だと把握。
この時点でオカリンがタイムトラベルするんだろうな~と思っていたのに、タイムリープしかできないと言われたおかげで私の中で一気に謎化しちゃったね。
でも全体的に展開や正体は読みやすいかな、演出がすごいから分かっていても驚かされるけど。
それに予測できないイベントも待ち受けてるし。


序盤はふつうにサークルのノリで和気あいあいとしつつ、SERNという大企業にハッキングw
そして炸裂するオカリンの厨二病っぷりwwはじめは「わざわざやってる演技だろう」と思ってたのにアレが起こるまでは素でやっていたのに1番驚き。
アレが起きてからは『鳳凰院凶真』はオカリンから分離した感じだったけど。

でね、男の娘がいるっていうから楽しみにしていたルカ子。途中で性別変えるとかなしですよ~(TдT)
ショックですよもう。性別転換ネタは嫌いなので無性に悲しかったw

ジョン・タイターの正体はあまり隠す気ないよねw最初に鈴羽にあった時から変な含みをもったセリフを言ってくれるし。


クリスティーナと衝突しながらも電話レンジ(仮)はタイムリープマシンにクラスチェンジ。
しかしそれを研究機関に渡す+妙に和やかなふいんきに、「これはタイムリープマシンを使用しなければならない展開になる」と思ってたけど予想の斜め上いかれたね。
突如突入する銃を持った部隊、そしてやってくる萌郁。萌郁はSERN関係者だと思っていたけどまさかこのタイミング。

で、撃たれるまゆしぃ。まゆしぃ死亡(´;ω;`)
ここらへんは驚きすぎて逆に笑っちゃったよ。

あとこのシーンでの宮野の演技がすごい。「跳べよおおぉぉぉぉ」とか特に。
ミンゴスの「いいの!?ねえ!?」も良かった。

この後の昔の話でまゆしぃの前でマッドサイエンティストぶるけど、それが原点だったのかもね。

シュタゲの本編はここからでしたね。それ以前は全て序盤にしてもいいかもしれない。
ここから始まるオカリンの長い戦い。
過去の書き換えを扱う作品でよく出てくるのは、収束点が同じだから結末は変わらない。
まゆしぃの死亡も例に漏れず・・・。
まず交通事故・次に轢死・そのあとはナイフで刺されたりまた銃で撃たれたりと・・・。
まゆしぃが轢かれたときの衝撃もすごかったけど、何より綯のCGが怖かった・・・。
オカリンの心折れちゃうよぉ。
実際折れかけてたけどね。そんなオカリンの前に現れたのはクリスティーナ!!
クリスティーナ△頼もしいです。


怪しい動きをする鈴羽を追いかけると、人工衛星の前に。そして正体をジョン・タイターだと明かす。
鈴羽は1975年に戻りIBN5100を持ってくることを誓うが、タイムマシンがぶっ壊れてた!
鈴羽のもう一つの目的である父親捜し、だったけどバレル・タイターについても正体は読みやすい?
オフ会に来てる。とか。私は『さすがにぱっと出のキャラがなることないだろうな~』→『そういやダル来てたよね?』
→『ん?橋田至、ハシダイタル、ハシダイタル!!?』みたいな感じで気づいたな~

一応修理完了し、過去にとぶ鈴羽。しかしその後にやってきたのは店長。
渡された手紙・・・。
この「失敗した失敗した失敗した」のくだりには心が痛んだ。
このときのゆかりんの演技はすごいです。鈴羽にゆかりんはハマり役。
やっぱり初めに1975年に跳ぼうとする鈴羽を止めるべきではなかった。
しかし止めなかった場合には、その後から過ごした鈴羽との思い出は全てなくなってしまう。
父親の正体が分かったことも含めて。
決定権をプレイヤーに託してるのが憎い!!!
送るのに躊躇いまくったけど、「未来を変えて」という鈴羽の思いをつなぐために送りました。

で、世界線を変えるがやっぱりIBN5100はオカリンの手元にはない。
まゆしぃを助けるためにはオカリンが初めに送ったDメールを消すこと。それにはIBN5100が必要。
そのために変えてしまった世界線を元にもどすことに。
初めに目をつけたのは秋葉原が激変してしまった原因のDメールを送ったフェイリス。
どんなメールを送るか思い出すためには、雷ネットに優勝が必要。ってオカリンこれ明らかにウソだってわかるよ。
4℃はオカリンよりひどい厨二病だと思うwwww
結局フェイリスが叶えたのは「父親の死の回避」。
ということで次なる選択は「フェイリスの父親をもう1度殺すか」。
だからプレイヤーにこれを送らせるのはひどい!フェイリスパパがどんな人かも知ったうえでこれをやらせるとかね!もうね!
しかもメールの文面に「パパ愛してる」「また会おうね」とか切なすぎるよ!
オカリンが言ってた通り、世界をめちゃくちゃに変えたことに対する罰なのかな。

世界線を戻して秋葉原を元にもどしたけどやっぱりIBN5100はない。
ルカ子に聞いたときの反応から何が起こったか大体わかったよ。
女の子になってしまったルカ子だったけど、オカリンのよるセクハラのスチル絵は電車内でプレイしてたから焦ったねwww
「ルカ子女verはオカリンが好きなんだな~」とか思ってたら、元のルカ子もオカリンが好きでした。
まさかこういう要素まで入れてくるとは・・・w2次元ではあいまいになりがちなそこらへんだけど、シュタゲはやっぱり男とは付き合えないとバッサリきましたね。
男に戻る条件として提示されたのは数日限りの恋人関係。
しかしオカリンにそこら辺のフォローを期待してもダメだったね。
ルカ子的には修行ができただけでも良かったのかな。
Dメールを送る前のやりとりは非常に躊躇させられる、けどまゆしぃを助けるためにもここでもメールを送る!

で、世界線を戻してIBN5100が壊れずに済むようにしたけどやっぱり無い。
萌郁のメールが「機種変をしない」なんて簡単なものなわけないだろう、とDメールを取り消さなくてはいけないと分かったときから思っていたけど、案の定。
オカリンと萌郁のガチ死闘はすごかった。お隣さんには痴話げんかと思われてたみたいだけど。
萌郁のメンヘラヤンデレっぷりはすさまじいよ。
FBからのメールだったら聞くだろう、とFB捜しが始まるけど、ラウンダーの回収の念のかけかたは尋常じゃないね。
まあ何回でもやり直せるオカリンの前じゃ、無駄だったけど。
突き止めた先には何故かミスターブラウンが。オカリンは妻がそうじゃないかと疑っていたけど、FBの正体はミスターブラウン。
銃まで持ち出されて焦ったが、ミスターブラウンがとった行動は自殺。
クリスティーナは綯を目撃したと言ってたけどあのときはショックのあまり飛び出したのかと思っていたけど。

萌郁のアパートで呼び鈴がなったときラウンダーが来るのかと思ったら綯でした。
しかも、萌郁が刺されて死亡((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
そのうえ「15年後に殺す」と宣告して去るとは((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
気になったのでDメールを送るのをやめてタイムリープした先で、裏口から出る綯を待ったけど出てきた綯は落ち着きはらってるとか怖すぎ。
最終的にはオカリンも殺さないといえど刺されるし、この世界線で2025年にオカリンを殺したのは綯だったし。
綯怖すぎ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
世界線が違うと言えど1番殺したキャラが多いなんて((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

FBのケータイを使って萌郁にメールを送信し、ついにIBN5100はオカリンの手元に!!
だけど、オカリンは気がつく。β世界線でクリスティーナが死ぬと。
気づくの遅いぞオカリン!!私がずっと気になっていたのに!

・まゆしぃED
ちなみにフラグ立てなかったのではじめのchapter10は「透明のスターダスト」。
まゆしぃが正ヒロイン。そう思っていた時期も私にありました。どうして・・・!幼馴染キャラってこう・・・!!!
選択に迫られるオカリンでしたが、クリスティーナの後押しもあってβ世界線に戻ることに。
そして戻ってきたβ世界線ではまゆしぃと恋人に。
まゆしぃが聞いた「幸せになりなさい」が切ない。
しかしトゥルーエンドじゃないだろうと勘付き、実はまゆしぃが正ヒロインじゃないことにも気づいた(´;ω;`)

ひとまず、EDを見たので攻略サイトに頼るwギャルゲーの神様だったらそういうこともしないけどねw
それを見ると各ヒロインのEDがDメールを送らないことによって見れるのでひとまずやることに。
ここでクリスティーナ&トゥルーEDのためのフラグ立てながら進めばよかったのに1章ごとにセーブしなおすすさまじいタイムロスを引き起こしてしまった(´・ω・`)

・不可逆のリブート
まゆしぃと鈴羽、両者を失わないために2日間を延々とループすることを選択したオカリン。
この時点で嫌な予感がしまくり。
案の定、オカリンぶっ壊れる(´;ω;`)
ああいう邪念が生まれるのは恐ろしいね。確かに過去に戻れれば現在で何をしてもいいわけだから。
それに気づいた鈴羽はオカリンとともに1975年に行くことを提案。
オカリンもそれに賛同し、手を取り合ってタイムマシンへ。
まあ、乗り込むぐらいで終わりだけど、私としては失敗してオカリンもろとも記憶なくしそうな予感がするんだよね。
一応希望はあるENDだけど。

・分離喪失のシャメヴュ
違うDメールを送ることによって跳んだ世界線はマイナスらしいね。
ここでは未来ガジェット研究所もなく、まゆしぃとも幼馴染でもなくフェイリスと恋人になっている世界。
まゆしぃは確かに生き残るけどさぁ、オカリンにとってこれは幸せだったのだろうか。

・背徳と再生のリンク
う~ん、これはちょっと納得いかないかな。
まゆしぃを助けるためにず~っとがんばってきたのに、見殺しって・・・。
オカリンが逃げたようにしか見えない。
しかも最後子供がががががががが。
この世界にはSERNのディストピアは待ち受けているんだろうか。

とまあ、ここまでやってね。どれもこれもバッドエンドに近いじゃないか!って思うんだけど。
遂にトゥルーエンドのためにフラグを立てることに。
しかし、4章の時点で決まるとかなかなかシビア。
条件難しいし、自力到達した人は尊敬するよw
そこで回収できていなかったスチル絵のために、まゆしぃを探すためにルカ子に電話を。
そしたらゲルううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう
まゆしいが・・・まゆしぃがうあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ
これを送りつける萌郁が1番怖いです。

フラグを立てるにつれて父親が青森にいることが判明。
つうかこのあたりのオカリンがふつうにいい人すぎて惚れる。
一緒に来てくれるあたりが特に。

・因果律のメルト
スターダストと逆でα世界線に残るのかと思ったらここでも、β世界線に残るのかと思ったらここでもα世界線にオカリンは戻ることに。
しかもここではクリスティーナとくっついたあと。なんという・・・。
そのうえ、1番最後にクリスティーナが戻ってくる。
なのにその瞬間エンターキーが押される。
切なすぎる・・・。
でもここでオカリンがまゆしぃと昔キスしたことが明らかに。けしからん!
切ないクリスティーナEDはトゥルーエンドのための踏み台でしかなかった!!

・境界面上のシュタインズゲート
10章のメールが来た時点でセーブをかけていたので、そこからスキップ(未読停止)モードに。
でも1度も止まらずにED突入。BGMがGATE OF STEINERだったけど。

ちなみにそのときの反応はこんな感じ(早朝なのでちょっとボケてる

スキップが一度も止まらなかったなんて。
ちょ、電話鳴ってる、って私のケータイマナーモードだし。
ていうかイヤホンから直で聞こえるんだけど・・・?
ダル!ダルじゃないか!おい娘ってこれ!?
うおおおおおおおおおおおおお巻き戻ってるキタ――(゚∀゚)――!!

で、突入!
未来からやってきたのはβ世界線上の鈴羽。
告げられたのはβ世界線上では第3次世界大戦が待ち受けているということ。
ここでオカリンが怒ってたけど、序盤でオカリン自身が言ってたよね。
「2000年のジョン・タイターは第3次世界大戦を防ぐためにやってきたが」とかなんとか。
その未来を阻止するためには、クリスティーナの命を助けて未知の世界線「シュタインズゲート」に到達すること!
ここでスカイクラッドの観測者が流れるのがいい!燃え展開。

この世界線でのタイムマシンは未来方向にも進行可能に。
だけど、序盤の宮野声の叫び声とタイムマシンは2往復できることによって、


(再構成作業中(´・ω・`))

Menu

Mini blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Calendar

Recent Entry

Profile



アニヲタで声ヲタで原作厨でマンガ大好きで、ゲームは好きだけどへたくそ
そんなやつ

  • 詳しくはここをクリック

Union


Counter

購入予定

6/28 新クロサギ完結編 1
7/4 斉木楠雄のΨ難 5
7/4 暗殺教室 5
7月 アルター 直江兼続
8/2 青の祓魔師 11
8/19 ToLOVEる ダークネス 8
8/23 聖☆おにいさん 9
8月 アルター メルティ

Recent Comment

プロ野球順位表

Search

ブロとも申請フォーム

始めてから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。